スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院へ。

起きて直ぐに、白い泡状の液体吐きました。
トイレには行きません。。
その後はサークルの中にベッドを入れて
Wimiが安静に出来る場所を作りました。

下痢が始まったら連れて来るように、とは言われていましたが
起きてから何も出ません(汗)
サークルに入れると自らベッドに力無く横たわった。
病院へ連れて行くことに…9時開院だけど、近いので8時半に出ました。
病院はそれなりに混雑していて、1時間ほど待たされました。

「レントゲンをまず撮りましょう」

お腹の半分ほどが白く写っていました。

「白い部分は胃です。僕もこんなに大きくなっている胃は初めてみました。驚きました。

 胃の中は内容物で一杯の状態です。造影剤を入れてレントゲンを撮りたいと思います」



「普通、造影剤を入れると胃の形通りに見えるものですが…
 内容物の間を縫うように浸透して言っている感じ。
 今日はこのままお帰り頂いて、明日は此処は休診ですが
 造影剤が胃から腸に流れていっているかを、レントゲンで確認します。
 場合によっては手術も視野に入れて…」

「診断としては胃拡張ですね。大型犬によく見られます…でも胃捻転は起こしていません。
(疑問:胃拡張って、胃捻転を起こしてなるものではなかったか?それも大型犬だよね…。)



「そうだなぁ~、胃下垂と言えば良いかな? 普段からこの子、凄いですか?」

この質問の意味が私には判らず「凄いとは如何いう意味ですか?」と質問を返した。

「いや、一杯食べますか?」
意味は判ったけど、今度はこの質問を理解出来ない…
「食欲はありますけど、ちゃんと量を制限しています」

この答えに聞き取れない言葉をつぶやいていらっしゃいました。

こんな質問をすのって、凄く失礼だと思います。
食べたがるからと言って無制限に食べ物を食べさせる人など居ないでしょう。
それなのにあえてこの質問をしたという事は、私が管理を出来ない飼いに見えると言っている事と同じです。

そうでなくても疑問で一杯の先生の診断…

兎に角明日に再検査を、と帰宅しました。
(考える時間が必要だわ…)


Wimi、造影剤を入れての検査の後、更に具合が悪そうになりました。
診察室でもグッタリ…しかしそれには触れない…

Wimiの様子から、手術になる気がしました。
その場合、初めての病院で腕が良いのかさえ判らない先生にお任せ出来るか?
大切なわが子をお任せ出来ないと判断。

紹介して頂いたお花屋さんの顔を潰したくはありませんが。。
「私の事は一切心配しないで! あなたの良いようにしなさい。私も会った事も無いし

 ましてや腕が良いかなんて判らない。安心してお任せできる所で手術は受けなさい」

と言ってくれました。

掛かり付けの病院の院長先生直通の携帯電話に掛けましたが、応答無し。
今日は休診日でも、誰かが病院には出ていますから、病院に電話を掛けました。
経緯を話し、院長先生と連絡が付き次第
折り返しの電話を入れて貰うようにしてくれると言うので、待っていました。

少しすると電話…院長先生にも経緯を話しました。
「明日、何時もより30分早く準備してお待ちしています」

近くの病院には、申し訳ないのですがキャンセルの電話を入れました。

Wimiは益々体調が悪そう。。
何も口にしない…口元に持っていった水も舐める程度でした。

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jiotto

Author:Jiotto
Cindy♪
 2010年5月18日生まれの
  とってもパワフルな女の子。
 2012年6月お母さんになりました。
Wimi♪
 2012年6月18日生まれ
小さいけれど元気いっぱい!!(笑)

これからもCindy&Wimiの母娘と
Jiottoファミリーを宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。